スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

水滸伝を終えて⑤

水滸伝を終えて出演者からお客様へ

<九紋龍史進/兼崎健太郎>

舞台「贋作 水滸伝 outlaws」を応援して下さり
ありがとうございましたm(_ _)m
スタンダードソングの作品の稽古場は、
学生の頃の技術の教室の様に色々な材料や器機が溢れ、
まるで稽古場では無いような雰囲気です。
自分達で自分の武器や小道具を作り、
本当に作品を1から作るという喜びを実感できます。
こんな現場はなかなか無いですし、素晴らしい経験になりました!

僕はスタンダードソングのメンバーや、
作品に対する取り組み方などが本当に大好きなんです。
脚本の久松さんも本番を毎回見に来て下さり、
とても熱いハートを感じました!

水滸伝、常にメンバー一丸となって創っていった作品でもあります。
そんなスタソンに出演出来本当に嬉しかったです。
これからも役者として自分自身を高め、
更に成長して共演出来る様に頑張りたいと思います!

あと、棒術がもっともっと上手くなるよう頑張りたいぜ!
水滸伝を応援して下さった皆様、
本当にありがとうございましたm(_ _)m

kane.jpg


<炭坑夫の娘・踊り子/永木藍>

この度は、
贋作 水滸伝 にお越し頂き誠にありがとうございました。

この熱い舞台を沢山の方々に観ていただけたこと、
とても嬉しく思い、感謝の気持ちでいっぱいです。

贋作 水滸伝のお話しを頂いた時、初共演の方ばかりでしたので、
本当に緊張しました。とんでもない所に来てしまったのでは…と、
はじめは戸惑ってばかりでした。
しかし、皆さんとてつもなく優しくて、フレンドリーで、
直ぐに打ち解ける事ができました。
そんな皆さんの人間性は、
この熱い作品にピッタリだったのではないかと感じています。
そして愛とか、正義とか、そういったものを信じる事は尊い事だと、
この作品は、共演した仲間達は改めて教えてくれたような気がいたします。

初めて会った気がしない、まるで、ここに出会うべくして
集まったようなこのカンパニー、
そして、その皆さんと一緒にこの水滸伝が
出来た事は運命だったと思っております。

水滸伝2で、お会いできる事を願いつつ…(笑)

はてしなく続く物語の中で、私達はこれからもそれぞれ輝いて
いくのだと思います。
同じように、
観て頂きました皆様の心にも輝きが生まれましたら、幸いです。

様々な熱い思いと、ここに携われた喜びを胸に、
お越し頂きました皆様へのお礼のご挨拶とさせて頂きます。

ありがとうございました!

nagaki.jpg

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL